FOLLOW US

Recommendedおすすめメニュー

  • ディナー
  • 洋食
  • 和食
  • 沖縄料理
  • 単品料理
  • コース
  • ブッフェ

【4~6月】シェフの一皿 FARM to TABLE

2022年4月10日~6月30日

Farm to Table 農場から食卓へ

恩納村の農家さんが作るとびきり新鮮な野菜を使って、各レストランのシェフがこだわりの一皿に仕上げました。

恩納村の農家さんは小規模で農業を営んでいるところが多く、農家さんとシェフが直接交流することで市場に出回っていない貴重な食材を使って新しい料理が生まれたり、シェフが新しい野菜をリクエストしたり、ルネッサンスが推進する SDGs および「地産地消」に新しい動きが生まれました。

できるだけ農薬を使わず、丹精こめて作った食材が、他では味わえない「シェフの一皿」となって登場します。心ゆくまで味わってください。

津嘉山さんの自然卵のタパス 赤ワイン煮&レムラード

セイルフィッシュカフェ/The Buffet 大人¥6,000/小学生¥3,000/幼児(3〜5歳)¥1,800

自然卵を赤ワインで煮込み、黄身でソースを作りました。とろりとした半熟の濃厚な味わいをお楽しみください。
シェフ 友寄秀昭
 
津嘉山さんの自然卵の特徴
自然に近い状態の平飼いで飼育された鶏が生む有精卵。飼料にもこだわり、有機飼料で育てています。

島袋さんのズッキーニを南フランスのイメージで

フォーシーズン/アラカルト¥1,500

緑と黄色のズッキーニを使ったハーブが香る温かいタルトです。タルトの中にはズッキーニのラタトゥイユが詰まっています。
シェフ 知念高利
 
島袋さんのズッキーニの特徴
ハウス栽培で丹念に育てられたズッキーニは傷が少なく、形もきれいに育ちます。きめ細かでほのかな甘みを感じる味わいが特徴です。

渡久地さんのサラダヘチマでドラゴン焼き

コーラルシービュー/¥900

ドラゴンに見立てたヘチマに切り込みを入れ、韓国風甘辛たれに漬け込み、焼き上げました。
シェフ 金城康秋
 
渡久地さんのサラダヘチマの特徴
サラダヘチマは、青臭さが少なくて瑞々しく、生でも食べられるヘチマです。加熱しても黒くならず、きれいな色のまま仕上がります。
 

久場さんのスイートコーンで もろこし真薯 桜鯛とともに

彩/¥1,000

生でも食べられるスイートコーンを、すり流しと真薯の日本料理に仕立てました。
シェフ 川内隆弘
 
久場さんのスイートコーンの特徴
種をまいてから約3ヵ月で収穫、糖度18~19度もあるスイートコーンです。実がぎっしり詰まったコーンは、生でも食べられる美味しさです。

上地さんの葉大根でW天ぷら

ロイズ/ファミリーSUSHIバイキング 大人¥6,000/小学生¥3,000/幼児(3~5歳)¥1,800

大根の若葉の葉と茎、味わいと食感を楽しむ2種類の天ぷらです。
シェフ  諸喜田久也
 
上地さんの葉大根の特徴
有機肥料を使い、ハウスで丁寧に育てた葉大根はビタミンCやカルシウム、鉄分を多く含み、シャキシャキとした瑞々しい食感が魅力です。

山内さんのプランテンバナナの黒糖艶煮

海風/¥550

もちもちとした食感のバナナを黒糖とともに大学芋風に仕上げました。酸味と甘みのバランスをお楽しみください。
シェフ 宇江城朝徳
 
山内さんのプランテンバナナの特徴
プランテンバナナは、もっちりとした食感が特徴です。一年中収穫できますが、夏に向けて甘みが増してきます。

宮平さんのパッションフルーツで「THE PASSION」

ロビーラウンジ/¥750

「あたびーファーム」のパッションフルーツとココナッツのムース。見た目もパッションフルーツのように仕上げています。
シェフ 屋良景之
 
宮平さんのパッションフルーツの特徴
一つひとつ丁寧に手作業で受粉させたパッションフルーツは、実が大きく、中身がぎっしり詰まってジューシーな味わいです。
 

山本さんのカーリーケール de 春焼売

マカンマカン(ココ ガーデンリゾート オキナワ)/飲茶三昧100選 単品¥750

スーパーフードと言われるケールを焼売の生地、具材、ソースに使い、春キャベツ風に仕立てたヘルシーな焼売。
シェフ 宮平悟
 
山本さんのカーリーケールの特徴
「マルファーム」農園の野菜は、有機肥料、無農薬で育てています。与那国馬を飼っており、循環型の農業を目指しています。

【4~6月】シェフの一皿 FARM to TABLE

「時計草」と呼ばれるパッションフルーツの花。宮平さんはひとつひとつ受粉を手作業で行う。

【4~6月】シェフの一皿 FARM to TABLE

「いいトウモロコシを作るには土が一番大事だね」と久場さん。ふかふかの柔らかい土が畑に広がる。

【4~6月】シェフの一皿 FARM to TABLE

与那国馬のマルと山本さん。マルのために安心安全な無農薬農業を始めたという山本さん。
※Go To Eat(紙・電子クーポン) をご利用いただけます。
※レストランの営業日、営業時間は変更になる場合がございます。
※料金は税・サービス料込です。