FOLLOW US

Recommendedおすすめメニュー

  • ディナー
  • 洋食
  • 和食
  • 沖縄料理
  • 単品料理
  • コース
  • ブッフェ

【10~12月】シェフの一皿 FARM to TABLE

2022年10月1日~12月31日

Farm to Table 農場から食卓へ

恩納村・うるま市・読谷村・本部町の農家さんが作るとびきり新鮮な野菜を使って、各レストランのシェフがこだわりの一皿に仕上げました。

恩納村周辺の農家さんは小規模で農業を営んでいるところが多く、農家さんとシェフが直接交流することで市場に出回っていない貴重な食材を使って新しい料理が生まれたり、シェフが新しい野菜をリクエストしたり、ルネッサンスが推進する SDGs および「地産地消」に新しい動きが生まれました。

できるだけ農薬を使わず、丹精こめて作った食材が、他では味わえない「シェフの一皿」となって登場します。心ゆくまで味わってください。

読谷村 知花さんの琉球よもぎのジュレ&サーモンのエスカベッジュ

セイルフィッシュカフェ/The Buffet 大人¥6,000/小学生¥3,000/幼児(3〜5歳)¥1,800

The Buffet でお召し上がりいただけます。
爽やかな香りの琉球よもぎ(ハママーチ)をジュレ仕立てにして、サーモンと合わせたタパス(前菜)料理です。キリっと冷えた白ワインによく合います。
シェフ 友寄秀昭
 
知花さんの琉球よもぎの特徴 沖縄のハーブ、琉球よもぎはディルに似たハーブで、爽やかな香りが特徴です。脂肪を分解するといわれ、お茶にして飲まれます。知花さんのハーブ農園では全て無農薬で育てています。

仔鳩とフォアグラのショーフロワー 恩納村 城間さんのローゼルのコンディメント

フォーシーズン/アラカルト¥2,200 コース¥12,000

ローゼルの酸味と甘みが、クラシカルな調理法で仕上げた秋の味覚のジビエ(鳩)にぴったりです。ローゼルの鮮やかな赤が映える美しい一品。
シェフ 知念高利
 
城間さんのローゼルの特徴 ハイビスカスティーとして使われることが多いローゼル。農薬や化学肥料は使わず有機肥料で育てたローゼルは、張りと艶があり、赤の色が鮮やかです。

読谷村 当真さんの黄金芋とスペアリブのコラボ

コーラルシービュー/¥1,700

しっとりと甘い黄金芋をペースト状にしてスパイスを効かせ、スペアリブに塗って焼き上げました。豚肉の旨味、黄金芋の甘み、スパイスのバランスの妙味をお楽しみください。
シェフ 金城康秋
 
当真さんの黄金芋の特徴 芋の栽培が盛んな読谷村で、農薬、化学肥料不使用で育てています。石灰岩の土壌はミネラルをたっぷり含み、芋の旨味とコクを作り出します。
 

恩納村 谷さんのアスパラ晩秋和牛 朴葉焼き

/¥3,100

朝採りのアスパラガスと口どけ柔らかな和牛を、栗を練りこんだ木の実味噌で朴葉焼きにしました。秋の味覚の吹き寄せ盛りです。
シェフ 川内隆弘
 
谷さんのアスパラの特徴 恩納岳から流れる清流と有機肥料で育てた無農薬のアスパラガスは、生でも食べられる甘みと柔らかさが特徴。本土と異なり秋から冬が旬の時期です。

恩納村 金城さんの紫黒米でブラックいなり

ロイズ/ファミリーSUSHIバイキング 大人¥6,000/小学生¥3,000/幼児(3~5歳)¥1,800

ファミリーSUSHIバイキングでお召し上がりいただけます。
ポリフェノールが豊富な紫黒米の黒シャリを油揚げで巻いて、彩りのよい巻きずしにしました。
シェフ  諸喜田久也
 
金城さんの紫黒米の特徴 恩納村唯一の水源地の安冨祖で栽培されている「幻の米」と呼ばれる希少な米。

うるま市 安本さんの新生姜丸ごとかき揚げ

海風/¥1,200

香りの強い葉、食感が良い茎、辛味が爽やかな根を使って、魚介とあわせてかき揚げを作りました。
シェフ 宇江城朝徳
 
安本さんの新生姜の特徴 柔らかな土壌と有機肥料、水はけのよい土地で、栽培期間中は農薬不使用で大きく育てた生姜です。

恩納村 仲田さんの青切り温州みかんの’MIKAN BALL’

ロビーラウンジ/¥780

まるでみかんそのもののようなスイーツの中身は、なめらかなチーズムースとホワイトチョコレートスフレ。みかんの皮も果汁もたっぷり使っています。
シェフ 屋良景之
 
仲田さんの温州みかんの特徴 94歳の現役ハルサー(農家)の仲田さんが、長年の経験と一本一本、木の状態にあわせて丁寧に肥料や水やりを行って育てたみかんです。
 

本部町 名護さんの椎茸のレッドスパイス

マカンマカン(ココ ガーデンリゾート オキナワ)/飲茶三昧100選

衣をつけて揚げた肉厚の椎茸に、中華のレッドスパイスをたっぷりからめてご賞味ください。
シェフ 宮平悟
 
名護さんの椎茸の特徴 やんばる(山原)の木を菌床に使って栽培しています。肉厚で香り高い椎茸は秋から冬にかけて旨味が増します。

【10~12月】シェフの一皿 FARM to TABLE

94歳の現役ハルサー(農家)の仲田さん

【10~12月】シェフの一皿 FARM to TABLE

ミネラルたっぷりのふかふかの赤土から掘り起こした黄金芋

【10~12月】シェフの一皿 FARM to TABLE

朝採りの柔らかな無農薬アスパラガス。谷さんは恩納村で唯一のアスパラ農家。
※Go To Eat(紙・電子クーポン) をご利用いただけます。
※レストランの営業日、営業時間は変更になる場合がございます。
※料金は税・サービス料込です。